無垢材のテレビボード選びの際の注意点

無垢材のテレビボードを選ぶ際は、好みにあった品質の良い製品を選べるようにする為の注意点がいくつかあります。注意点の中には、無垢材のテレビボードに興味のある方でも意外に知らない話もありますから、購入前に1度チェックしてみるのがおすすめです。具体的な注意点として、大きく分けて3つを覚えておきましょう。1つ目は、無垢材の使われている度合いです。無垢材のテレビボードとして販売されている製品は数多くありますが、実際の製品に使われているのは天盤等の目立つ部分のみという場合もあるので注意しましょう。製品を選ぶ際は、目立たない所に別の木材が使われていないかチェックしておく事が大切です。店頭で選ぶ際は目で見て調べられますが、ネット通販で購入する場合はチェックが行き届きにくいので、お店側に問い合わせる等して詳細を把握しておきましょう。

無垢材のテレビボードを使う環境

無垢材のテレビボードを選ぶ際は、使う環境を考慮して仕様を判断しましょう。例えば、テレビボードに置く機材の数です。テレビだけでなくステレオを設置するのなら、テレビの幅よりも広いテレビボードが必要になります。また、最適なテレビの高さを調べておきましょう。ソファーや椅子に座った時、どの高さにテレビがあれば快適に視聴できるか調べておくのは重要な事です。床座りの状態で視聴するのなら比較的背の低い製品を、椅子に座って視聴するのなら背の高い製品を選ぶべきです。この他にも、テレビボードの戸の開き方を慎重に選ぶのも大切になります。引き戸であればテレドア型でビボードの前が狭くても使いやすい収納になります。レールにゴミが溜まりやすい等のデメリットもありますので、清掃が簡単なドア型にするのも良いでしょう。ドア型は取っ手を付ける必要がありますので、赤ちゃんや小さな子供が体をぶつけないように配慮する必要もあります。

使われている木材の種類を調べる

無垢材のテレビボードは長期間使い続けられる耐久性を持っています。大型で重量がありますので、飽きたから取り換えるというのも難しいインテリアです。そこで、長い間使い続けて満足できる製品を選ぶのが大切になります。無垢材は使い込む間に大きく経年変化していくものもあります。どの木材がどの色に変わっていくのかを調べておけば、長く使い続ける楽しみになるものです。例えば、アンティーク家具によく見られる、木目の美しい濃い色の家具にしていきたいならチェリーがお勧めです。使い込む程に深みの増していく木材ですから、重厚感のあるインテリアへ育っていきます。明るめの色合いが好みの方なら、ウォールナットも良い選択になります。使い込む間に明るさが増していき、綺麗な色合いへ変化します。落ち着いた風合いは残したままですから、派手になり過ぎず部屋に馴染みやすいものです。